施工実績

施工実績を掲載しています。

清流近くの家

SE構法の平屋です。 リビングは16畳あり、隣の和室ともつながります。 和室との境は戸がすべて収納でき、広い空間になります。 照明器具はすべてダウンライトで、空間もより広く感じられます。

2階リビングの家

1階に車が4台入る大きな駐車場があります。 SE構法の魅せどころです。 間口6.3m×奥行5.4mの大空間です。 住居スペースは、 1階にトイレ、洗面所、浴室の水まわりを配し、 2階にリビング、寝室を配しています。 キッチンはセミ対面式です。 緩やかにつながり、安心つな...

2世帯住宅の家

2世帯住宅です。 1階と2階にキッチン、お風呂、トイレがあります。 親世帯には床の間、仏間付きの和室もあります。

坪庭の家

改修工事です。 キッチンを真ん中に置き、ダイニング、和室を眺めます。 キッチン、ダイニング、和室、共にもともと屋根裏になっていた材料を表に出し、仕上げ材としています。 かんなをかけ直し、ペパーで磨きもともとの材料の良さを引き出しています。

谷汲 古材が守る家

解体工事から請け負いさせていただきました。 立派な梁が数本ありましたので、メインとなる部屋に使っています。母屋との関係で、和室しか南向きにならなかったので、大きな明り取りを入れ、奥まで光が届くようにしました。 リビング、キッチンの天井は屋根パネルの表しです。そこに梁を入れ、照明器具を吊っています...

東改田 Rの自転車置き場

玄関横の自転車置き場です。 既設のフェンスがありましたので、それとどう関係つけるかが大きな課題でした。 既設のフェンスには荷重をかけることが出来ないので、自転車置き場の構造材を自立させるために、1本の大きなアールにしました。 屋根は、最初はFRP防水にするつもりでいたが、建て方の途中であまりに...

有里古材が迎える家

最近興味のある事です。 古民家再生とまではいきませんが、解体時に出る柱とか梁を新しい家のどこかに使えないか?という試みです。 またその逆もありで、古い家に新しい材料を使うとき、よくあるのは、新しい材料にわざわざ色を付けて古い材料とのバランスをとることがあります。 私はそれが好きではあり...

吹き抜けに スノコめぐらし 風薫る

和室、リビング、ウッドデッキが一体に使えるようにしました。 リビングの窓を全開にすると8畳のウッドデッキ。 その向こうには両側の壁に切り撮られた景色が広がります。 階段はその下を有効活用できるよう鉄骨にしました。 その向こうの壁は和紙です。 桜色の階段とオレンジ色の壁紙がよく似合います。 ...

カリス

カリスとはギリシャ語で「感謝」という意味です。 ギリシャから思い浮かぶ、 「青い空と海」 「白い家、家、家」をイメージしました。 前に広がるアールの壁で店内を見づらくし、中にはいることが「特別なこと」であるかのような緊張感を持たせています。 店内は窓を少なくし、外界との決別を計って...

AKARI

AKARI イサムノグチ氏の傑作だ。 和紙の器具って繊細なイメージがあったのだが、これは力強さを感じる。 彫刻家が作ったから言うわけではないが、大きな塊から削りだしたかのような迫力があるのだ。 岐阜のオゼキで作ってるようです。改修工事です。 キッチンを真ん中に置き、ダイニング、...

自社事務所

事務所のリフォームです。以前は物置でした。 どーしてもやりたかった事が3つ有りました。 1.和紙の壁紙 2.壁一面の収納 3.アールになった天井   です。 天井と床の仕上げ材をどうするか悩みましたが、アールにこだわったので横方向の板がゆっくりとアールに下降するイメージを大事に...

和紙壁紙

和紙の壁紙だ。 これはアーテックという会社が作っている。 手すき和紙に別の和紙が裏打ちされている。 それにホタテパウダーが織り込められているのだ。 300角と450角がある。 今回は450角を貼った。 ほぼ同じ大きさなので、順番に貼っていけば良いのだが、几帳面な私は下線を...

レザー張りダウンライトBOX

事務所の天井です。 ようやく一部完成したのでアップします。 もともとは、天井を一部下げて中にダウンライトを埋め込みたいと思ったのが始まりです。 真四角では面白くなかったので、一部アールにしました。 レザーと言っていますが、いわゆる合皮、ソフトレザーです。 アールになっている...

柿渋の車庫

柿渋仕上げの車庫です。 ガラスと木の事務所同様、板倉造りです。 板倉造りとは、柱と柱の間に杉板を落とし込み壁を作っていきます。 外壁の仕上げと、内壁の仕上げを無くし板壁をそのまま見せています。 外部は柿渋を塗りました。 柿渋は古来から有る塗料です。 水に強く、虫除けの...

赤い手すりのある家

記念すべきSE構法の第1号です。 母屋からつながる離れなので高さは通常より、抑え気味です。 ベランダを作る代わりに、キッチンから出入り出来るサンルームを作りました。 玄関を入ってすぐに階段なので、手前の手すり壁は目隠し代わりに通常の壁とし、奥の手すり壁は開放的に鉄骨で作りました。 赤いパ...

ガラスと木の事務所

30ミリ厚の杉板を柱間に落とし込み、外壁、内壁を兼用しています。 実験的な事務所です。 着飾るのを止め、素材で勝負しました。 道路側は屋根下までガラスをはめ込み、格子を付けています。 格子の間隔は通常より、広めにしてあります。 北面の天井下にルーバー窓を設け、南のルーバーからの通気を図って...

アール框の家

アールが大好きなのだ。 玄関戸も○にこだわった。 玄関の収納は造り付けです。 本体の側パネルを壁と同様に白く仕上げ、ドアを、薄い茶系にし、壁からドアが浮いているかのようにしました。 広いリビングが欲しかったので、隣の和室の引き戸を4本レールにて、全て袖壁に収納出来るようにしました...

支える柱のある家

リビングの大きな柱は一家の象徴です。 この柱に線を付けて背比べをするのです。 一年一年が貴重です。 外観は2階から1階への大屋根造りです。 2階は少し天井が低いですが、勾配を利用した、ロフトが好評です。 瓦は一文字瓦で、破風、鼻隠しは、米松のピーラーにキシラデコールで仕上げ...

三角窓のある家

一番の自慢はキッチンなのだ。 システムキッチンはキッチンルームの中央に置かれています。 キッチンの周りをグルグルと回りたかったのだ。 料理は壁に向かって、こつこつするモンじゃないんだ。 ひとりじゃないんだ。 家事は家の中心なのだ。 外観は 屋根の妻面を南に配し、太陽...

東改田H様 R梁 作成編

R梁は何となく自分で作れる気がしました。 完成イメージはあったので、割とスムーズに進みました。 まず、2×4材を製材し、厚み約10ミリに削ります。 と、どうじに型紙をCADで作りました。 CADでは全長6mもの紙を印刷することはできませんし、ましてやアールになっています。 そこ...

黄色のタイルのある家

鮮やかなイエローがとても綺麗だ。 キッチンのグリーンとの相性も抜群。 キッチンの天板はステンレスの 鏡面仕上げだ、新品だと、触るのが恐いくらいにツルツルピカピカだ。 ステンドグラスも美しい。 この家は、母屋とは別の離れなのだ。 1階は隣家との境界も近いので、くつろぎの...

塀にプランターのある家

塀を木で作ってみた。 擁壁にフェンス用の穴が空けてあったから、金物を特注で作り、埋め込んで柱を固定している。 道路の隅切り部は、ガラスをはめ込んで、格子を付けてみた。 中からも外からも微妙に見え隠れするのが面白い。 この家の内装は、クロスを使わなかった。 全て、突き板合...