AKARI

AKARI

イサムノグチ氏の傑作だ。

和紙の器具って繊細なイメージがあったのだが、これは力強さを感じる。
彫刻家が作ったから言うわけではないが、大きな塊から削りだしたかのような迫力があるのだ。

岐阜のオゼキで作ってるようです。改修工事です。
キッチンを真ん中に置き、ダイニング、和室を眺めます。

キッチン、ダイニング、和室、共にもともと屋根裏になっていた材料を表に出し、仕上げ材としています。
かんなをかけ直し、ペパーで磨きもともとの材料の良さを引き出しています。