有里古材が迎える家

最近興味のある事です。

古民家再生とまではいきませんが、解体時に出る柱とか梁を新しい家のどこかに使えないか?という試みです。
またその逆もありで、古い家に新しい材料を使うとき、よくあるのは、新しい材料にわざわざ色を付けて古い材料とのバランスをとることがあります。

私はそれが好きではありません。

古い家に敬意を表しつつ新しい材料を使うべきだと考えます。
わざわざ新しい材料に古く見えるような色をつけ、取り付けることは、古い家に対して失礼ではないかと思います。

家々にはそれぞれ歴史があります。その歴史と伝統を大切にしていきたいです。

  • キッチン

  • 外観

  • 玄関

  • 洗面台

  • キッチン