赤い手すりのある家

記念すべきSE構法の第1号です。
母屋からつながる離れなので高さは通常より、抑え気味です。
ベランダを作る代わりに、キッチンから出入り出来るサンルームを作りました。
玄関を入ってすぐに階段なので、手前の手すり壁は目隠し代わりに通常の壁とし、奥の手すり壁は開放的に鉄骨で作りました。

赤いパッドは本革です。
手触りが何とも言えず心地よいです。
これからどんどん良い色に変わっていくと思います。

  • 外観

  • トイレ

  • 赤い手すり